ジャガイモ

「1年間いもだけ」実践中のオーストラリア男性、楽しみながら減量も

1: 蝙蝠傘子 ★ 2016/04/02(土) 04:13:14.31 ID:CAP_USER*.net
【2月23日 AFP】(写真追加)いもだけを1年間食べ続けるという計画を実践中のオーストラリア人男性が23日、一風変わった食事法にもかかわらず、体調は良好で、驚くほど食事を楽しんでいると語った。

 アンドリュー・テイラー(Andrew Taylor)さん(35)は、本人が言うところの「食に対する執着」を断ち切るため、12か月間いもだけを食べることを熟考の末決意した。

 アルコールやたばこに依存する人たちは対象物をきっぱり断つことができるかもしれないが、食べ物に関してはそれは不可能だとして、テイラーさんは食事をできるだけ味気なくすることを決意した。

「次に大事なことは、私の健康を維持してくれる方法を見つけることだった」と、テイラーさんはAFPに語った。いもの他、マンゴーやバナナ、スイカも考えたという。

 より選択肢に幅があるいもを選んだテイラーさんは今、ゆでたりすりつぶしたり、パンケーキにしたり、時にはニンニクや塩で味を付けたりして、毎日好きなだけいもを食べている。

 専業主夫であるテイラーさんは「いかなる脂質も取らない。バターなし、肉なし、乳製品なし...オイルもなしだ」と話し、54日目を迎えた中、うまく対処していると付け加えた。

 テイラーさんは自身の経験を記録して、フェイスブック(Facebook)に投稿しており、すでに6000件以上の「いいね」が寄せられている。減量が最終目標ではないものの、これまでに体重も17キロ減ったという。

 テイラーさんは「病気になったり、死んでしまったりするんじゃないかと皆は思っていたよ」と冗談を飛ばし、「もし病気になったら、何か別のものを食べればいいだけだしね」と話した。(c)AFP


・豪メルボルンで、いもに囲まれてほほえむアンドリュー・テイラーさん(撮影日不明、2016年2月23日提供)。(c)AFP/ANDREW TAYLOR
no title



AFP 2016年02月24日 09:31 発信地:シドニー/オーストラリア
http://www.afpbb.com/articles/-/3077985?utm_source=ycd&utm_medium=yahoojp-p4-c3-dl
「「1年間いもだけ」実践中のオーストラリア男性、楽しみながら減量も」の続きを読む

デブワイ「貴様、所属は何処だ」ジャガイモ「はっ!野菜にございます!」

lgf01a201312280700
1: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)13:19:34 ID:Umr
デブワイ「よーし、通れ!」

ポテトサラダ、ポテトチップス「我ら、ジャガイモにございます!」
デブワイ「よーし、お前らも通れ!」

「デブワイ「貴様、所属は何処だ」ジャガイモ「はっ!野菜にございます!」」の続きを読む

糖質、炭水化物抜きダイエットをやろうと思って米の代わりにジャガイモに切り替えたんだが、

lgf01a201312280700
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/11/16(月) 11:11:24.84 0.net
全然痩せない。・゚・(ノД`)・゚・。

「糖質、炭水化物抜きダイエットをやろうと思って米の代わりにジャガイモに切り替えたんだが、」の続きを読む

調理と貯蔵で決まるジャガイモの発がん性「冷蔵庫を避け、蒸す、煮る、茹でる」

lgf01a201312280700
1: 幽斎 ★ 2014/11/02(日) 12:47:55.89 ID:???.net
調理と貯蔵で決まるジャガイモの発がん性(大西睦子)

皆さんは、次のジャガイモ料理のうち、どれが一番好きですか? 肉じゃが、フライドポテト、ポテトチップス、
マッシュポテト、じゃがバター、皮付きこふきいも。実はこれらの中に、健康にいいオススメな食べ方と、
調理過程で発がん性の疑いのある物質を生じてしまうものとがあります。ジャガイモに関する様々な分野での
研究をカナダの研究者らが一つにまとめた論文から探ってみましょう。

揚げると生じるアクリルアミド
ジャガイモは味を良くするために油と塩を加えて調理されることが多く、肥満や生活習慣病など深刻な
健康問題の原因となるほか、高温で加熱することで大量のアクリルアミドを生成することが分かっています。
アクリルアミドは国際がん研究機関(IARC:INTERNATIONAL AGENCY FOR RESEARCH ON CANCER)によって、
「人に対しおそらく発がん性がある」物質(2A)に分類されています。2002年にスウェーデン政府が、
炭水化物を多く含むイモなどを焼くまたは揚げることによりアクリルアミドが生成されると発表したのを皮切りに、
世界各国で研究が進みました。今回の論文はその様々な成果を総括したものです。

中でも重要な知見は、生成の詳しい仕組みです。ジャガイモは、アミノ酸の一種であるアスパラギンと、
ブドウ糖や果糖などの還元糖を含みます。それぞれを加熱しても問題は起きませんが、
ジャガイモの中で一緒に高温(120℃以上)で長時間加熱されることで両者が「メイラード反応」と呼ばれる
化学反応を起こし、アクリルアミドを生じます。メイラード反応が起きるのは、
揚げる、焼く、炙るといった加熱方法で、その結果、独特の良い香りと味が生まれます。
美味しいフライドポテトやポテトチップスは世界中に普及してきましたが、それと引き換えに世界中の人がアクリルアミドにさらされることとなったのです。

続きはソースで
http://www.huffingtonpost.jp/robust-health/potato_b_6085930.html

「調理と貯蔵で決まるジャガイモの発がん性「冷蔵庫を避け、蒸す、煮る、茹でる」」の続きを読む
記事検索
RSS Twitter
RSS


最新情報を配信しています

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新記事
最新コメント
スポンサードリンク
アーカイブ
逆アクセスランキング
ブログパーツ
スポンサードリンク
スポンサードリンク