食べ合わせ

枝豆にチーズはNG!じつは相性の悪い食べ合わせ5選

o0640048010262400065
1: ひろし ★ 2016/01/22(金) 00:54:20.23 ID:CAP_USER*.net
人に相性があるように、食べ物にも組み合わせの良し悪しというものがあります。
よく聞くのは「ウナギと梅干し」の食べ合わせですが、栄養学的見地からすると根拠はないのだとか。

「そもそもウナギはそう食べられるものではないので心配する必要もない」という人もいることでしょう。

そこで今回は、「枝豆+チーズ」「ココア+牛乳」など、普段よくやりがちな食べ合わせの中から、栄養学的にやってはいけない組み合わせに注目してみました。

●枝豆とチーズ・・・カルシウムがムダになる

居酒屋メニューの定番ともいえる枝豆&チーズ。スピーディに出てくることもあり、まずはこの組み合わせを注文する人も少なくないのではないでしょうか。

しかしこの食べ合わせだと、チーズに多く含まれるカルシウムを効率よく摂ることができません。枝豆に含まれるフィチン酸によって、その吸収が阻害されてしまうからです。

●ココアと牛乳・・・カルシウムがムダになる

ココアに牛乳は鉄板でしょう!という人も多いと思いますが、残念ながらこれもカルシウムがムダになる組み合わせです。

牛乳はカルシウムの宝庫ですが、食物繊維によってその吸収が妨げられてしまいます。

ココアには、ビタミン、ミネラル、カカオポリフェノールなど、美容と健康に嬉しい成分が盛りだくさんなのですが、食物繊維も豊富に含まれています。

同様の理由で、きなこと牛乳もカルシウムを損してしまうパターンです。

●ほうれん草とゆで卵・・・せっかくの鉄分がだいなしに

ほうれん草には鉄分が多く含まれていますが、これは非ヘム鉄といって、たんぱく質やビタミンCを補給しなければ吸収率があがりません。

そのため、卵とほうれん草は通常良い組み合わせなのですが、卵をゆでた場合話は別になります。

ゆで卵には独特のニオイがありますが、これは硫黄分を含んだアミノ酸が熱分解して硫化水素になったためです。
硫化水素には非ヘム鉄と結合する働きがあります。つまり、結合によって非ヘム鉄はその働きを失ってしまうのです。

●大豆とひじき・・・便秘症の人には逆効果である場合も

煮物の定番として人気ですが、これも大豆のフィチン酸が ひじきに豊富に含まれるカルシウムの吸収を妨げてしまうパターンです。

また、便秘症の人には一見効果的なメニューのように思えますが、けいれん性便秘の人にとっては、食物繊維が多すぎて腸が必要以上に刺激され、逆効果になってしまうこともあります。
ウサギのフンのようなコロコロした便の人はけいれん性便秘である可能性があるので参考にしてみてください。

●大根とにんじん・・・ビタミンCが破壊される

にんじんにはアスコルビナーゼというビタミンCを破壊する酵素が含まれていて、大根と一緒に摂ると大根に含まれるビタミンCまで破壊していまいます。

ただし、アスコルビナーゼの働きは温度とpHによっておさえることができます。たとえば、紅白なますのように酢を加えたものなら大丈夫。

加熱でもアスコルビナーゼの働きをおさえることができます。ただ、ビタミンCは熱にも弱いため、ビタミンC摂取を目的とするなら、酢のものや生でドレッシングをかけて食べるのがおすすめです。

美味しいからやめられない食べ合わせだというのならともかく、どうせ食べるのなら
、わざわざ相性の悪い食べ合わせをすることもないのではないでしょうか。ここで紹介した食べ合わせの知識をぜひ今後の食生活の参考にしてみてくださいね。

文・鈴木ゆかり
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20160121/Mycom_freshers__gmd_articles_30113.html

「枝豆にチーズはNG!じつは相性の悪い食べ合わせ5選」の続きを読む

おっさんっておにぎりとかのご飯ものはコーラと食べないらしい

4b31f83de077bcd06b13959da4de391e_s
1: 名無しさん@おーぷん 2015/09/28(月)02:00:05 ID:K7o
なぜなのか?

「おっさんっておにぎりとかのご飯ものはコーラと食べないらしい」の続きを読む

「天ぷらとすいか」「うなぎと梅干し」…古来から伝わる食べ合わせは科学的根拠のない迷信

2634704af571f989293ba3a663b73c5b_s
1: 海江田三郎 ★@\(^o^)/ 2015/01/03(土) 16:44:19.57 ID:???0.net
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150103/Spa_20150103_00746084.html
◆それって、やっても大丈夫だったの? その真偽とはいかに……
 世間にはさまざまな「やってはいけない」が広まっているが、中には真偽が疑わしいものも。
医師で医療ジャーナリストの森田豊氏に、「定説とは逆に実はやっても大丈夫な食べ方、食べ合わせ」を聞いた
「たとえば天ぷらとすいかは、貝原益軒の『養生訓』の食べ物の食べ合わせの良し悪しの
発想をもとに考えられたものですが、医学的根拠のない迷信です。
油の多い食品と、水分の多いすいかを一緒に食べると、胃液が薄まり、
消化不良を起こすと言われてきましたが、机上の空論のようです。
また、うなぎと梅干しの食べ合わせが悪いという話も、医学的根拠はありません。
胃酸を分泌させ、食欲を増進させる梅干しを食べると、高価なうなぎをたくさん食べてしまうため、
その贅沢を戒めるために広まった……という説もあります」
 また「焦げを食べるとがんになる」というのもよく聞く話だが、これも少し注釈が必要だ。
「魚や肉の動物性タンパク質が、焼かれることで発がん性物質を作り出すのは事実です。
ただ、体重60kgの人が毎日1t以上焦げを食べないと、がんにはならないともいわれています(笑)。
昭和51年に大手新聞が、『焼き魚の焦げに発がん性の疑いがある』というニュースを報じたことで、
広まった情報のようですね。焼き魚と漬物、ベーコンとほうれん草などの組み合わせも、
理論上では発がん性物質が生まれますが、実際の発がんに及ぼす量まで食べることはありえないといえるでしょう」

 にんじん+大根、トマト+きゅうりなどの組み合わせも、にんじんやきゅうりに含まれる酵素が、
ビタミンCを破壊するといわれてきたが、「最近の研究ではさほど壊れないことがわかってきた」そう。
「この例のように、科学的根拠のないまま引用、孫引きされ、一般向けの参考書に残り、
インターネットが普及したことなどから、間違ったまま広まってしまう説も実は多くあるんですよ」

【森田豊氏】
さまざまなメディアで医学常識の真偽を検証する医師、医療ジャーナリスト。
著書に『「病院に行くほどではない」と放っておくと大変なことになる!』など

「「天ぷらとすいか」「うなぎと梅干し」…古来から伝わる食べ合わせは科学的根拠のない迷信」の続きを読む

チーズ+枝豆はNG…パーティ料理の「危険な食べ合わせ」

php
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/16 16:17:14
★チーズ+枝豆はNG…パーティ料理の「危険な食べ合わせ」- WEB女性自身(2013年12月16日07時00分)

「日本では江戸時代の儒学者、貝原益軒が養生訓として食べ合わせに触れています。ウナギと梅干しなどは、
この養生訓をもとに、当時の健康を体と心の両面から考察していたものだと考えられます。けれども、現代の
医学や科学的根拠には乏しいものがあり、誤った常識として信じられているものが少なくないのです。今では、
食品に含まれる栄養についてさまざまなことがわかってきています」

そう話すのは、順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授でアンチエイジング、長寿における権威の
白澤卓二先生。この時期は、つい気も緩んで暴飲暴食をしがち。だが、それよりもさらに怖いのが思いもよらぬ
“食べ合わせ”だという。そこで今回、医学面、科学面、栄養学的な見地から、パーティなどで注意したい
食べ合わせを白澤先生が教えてくれた。

【ビール+フライドポテト=脂肪肝、肝硬変に】
アルコールを飲むと肝臓での分解過程で脂肪の合成を進める酵素が発生。フライドポテトなどの高脂肪食品を一
緒にとると脂肪吸収が加速、中性脂肪が増えて肥満、脂肪肝、肝硬変を招くおそれが。

【トマト+きゅうり=ビタミンCを破壊】
きゅうりに含まれるアスコルビナーゼという酵素がトマトのビタミンCを破壊。ほかにカリフラワーや春菊、
かぼちゃやキャベツにも含まれる。なおアスコルビナーゼは熱したり、酢を加えることでその働きを防ぐことが
できるので、マヨネーズなどを使用して。

【ソーセージ+バター=発がん物質を合成、がんを誘発】
バターに含まれる酸化防止剤ジブチルヒドロキシトルエンと、ソーセージなどに使われる食肉加工用発色剤の
亜硝酸ナトリウムは体内で結合すると発がん物質が合成される。食品添加物除去生活は難しいが、危ないものが
あることも知っておきたい。
>>2へ続く


http://news.infoseek.co.jp/article/joseijishin_d8435

「チーズ+枝豆はNG…パーティ料理の「危険な食べ合わせ」」の続きを読む
記事検索
RSS Twitter
RSS


最新情報を配信しています

読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事
最新コメント
スポンサードリンク
アーカイブ
逆アクセスランキング
ブログパーツ
スポンサードリンク
スポンサードリンク